お金の借り方

これだけはやってはいけないお金の借り方

キャッシングは使い方次第で生活に潤いを与えてくれる便利なシステムですが、ひとつ間違えば生活が続けられなくなるという面もあります。

 

キャッシングには忘れてはならない事や、やってはいけない事があり、鉄則さえ守れば安心してキャッシングが続けられます。

お金がないから借りるという安易な考え方

お金がないからキャッシングで借りるのですが、ただ単にお金がないからと言う理由だけで借りるのは考え物です。

 

たとえば、毎月の収入が慢性的に不足していて、お金を借りるという場合があります。
この場合、翌月の支払いはキャッシングの支払いを上乗せしなければなりません。

 

その返済はどうするのか、そうなってしまうと返済のために新たな借入先を探す事になり、やがては多重債務者になり、あとは自己破産しかないということにもなりかねません。

 

キャッシングでお金を借りる時は「返すあてのないお金は絶対借らない」という心掛けが必要です。

 

借りたお金は少しでも早く完済するのが鉄則

キャッシングは短期で利用する方法が一番良いのですが、返済が長期になる場合はこのことが一番重要になります。

 

キャッシングでお金を借りると翌月から返済が始まります。
毎月の返済額は低めに設定されているので、返済が楽に続けられますが、毎月返済だけを支払っていると返済期間が長くなり、利息を含めた総返済額が多くなります。

 

返済期間が短くなればなるほど利息は少なくなりますので、時期を見て一括返済してしまうか、お金に余裕ができた時は、繰り上げ返済をする事で返済期間を短くすることを考えましょう。

 

必要以上のお金は絶対借りない

キャッシングに慣れてくると、「これくらいなら何とかなるだろう」というような、安易な気持ちで必要以上のお金を借りてしまうことがあります。

 

キャッシングでお金を借りる時は、どうしても必要なお金だけを借りるようにしましょう。
必要以上のお金を借りると、無駄な金利を支払うことにもなりますので「無駄なお金は一切からない」という意志が重要になります。

 

その他にもやってはいけない事は数多くありますが、最低でもこれだけ守ることで安心してキャッシングが続けられますし、日常生活に役立つ便利なツールになります。