公的 融資制度

公的機関の融資制度

お金を借りる方法で、もっとも手短に借りる方法は身内や友人から借りる、続けてキャッシングでお金を借りる、公的機関でお金を借りる方法などがあります。

 

公的間で借りられれば、金利も低く借りられるので利用者にとっては有利になります。
融資制度のある公的機関を調べてみました。

 

日本政策金融公庫でお金を借りる

近年65歳以上の方も大幅に増え、年金だけで生活をしている方も増えています。
年金だけで生活していると、家のリフォームや病気で入院しなければならないといった場合、一時的にお金を借りなければならない状況になる場合があります。

 

そんな時に利用できる、年金を担保にした融資制度があります。

 

企業が事業資金や運転資金、これから事業を始めるといったかたが利用する「日本政策金融公庫」には、個人的に利用できる、「年金担保貸付制度」という年金を担保にして貸付ける商品があります。

 

年金だけで生活している方は、一般の金融機関でお金を借りることは難しいですが、「日本政策金融公庫」または「独立行政法人福祉医療機構」なら年金を担保にして、お金が借りられます。

 

市町村役場の貸付制度

国が、地方の市町村役場の社会福祉協議会を介しておこなっている融資制度に「総合支援資金貸付」があります。

 

この制度の融資対象になるのは、必要な生活資金を他から借りることが出来ない低所得者世帯や、身体障碍者手帳や療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている障害者世帯のかた、65歳以上の高齢者と同居している高齢者世帯が対象になります。

 

申込条件は
@収入がある
A住居がある
B本人確認が出来る
C多重債務を抱えていいない
申込は市町村社会福祉協議会で申込ができます。
貸付制度なので審査があり、申込者の返済能力が審査されます。

 

反対に
@老齢年金の受給を現在している
A雇用保険の失業者給付を受給している
B就職安定資金等を利用している
C雇用保険受給資格がある(受給までの待機期間中の人も含まれます)
といった方は申込できませんので注意が必要です。

 

このように公的機関でお金を借りる方法も多々あるので、自分の生活環境に合わせた借入方法が選べます。

 

生活保護を受けるほどではないけれど、生活に困っていて、キャッシングやカードローンなどを利用したくない方は「生活福祉資金貸付制度」を考えてみてはどうでしょうか。