お金を借りる 利息

お金を借りた時、どれくらいの利息を払うのか

キャッシングでお金を借りると、翌月から毎月返済額を支払う仕組みになっていますが、自分が借りたお金にはどれくらいの利息が含まれているかを知る事はお金の管理をする上で大変重要になります。

 

法律金利とは

貸金業法の改正前は、「出資法」という法律と、「利息制限法」という金利に関する法律がありました。

 

「出資法」は、貸付金額に関係なく29,2%以下と決まっていて、これに違反した場合は5年以下の懲役または1000万円以下の罰金が科せられるので、消費者金融は上限29,2%を超えない範囲で貸付をしていました。

 

「利息制限法」では10万円以下の貸付金利は20%以下、10万円〜100万円の貸付は年利18%以下、100万円以上の場合は15%以下と決められおり、これに違反しても罰則はありませんでした。

 

法改正後は、現在「利息制限法」のみとなっています。

 

借りたお金の金利を知る

利息制限法以上の金利でお金を貸すと、きびしく罰せられることになっていますので、大手消費者金融の金利を見ても4,5%〜18,0%の範囲内の金利設定になっていて、4,5%を下限金利、18,0%を上限金利と呼びます。

 

金利は借入金額が多くなるほど低くなっていくのですが、初回申込時は上限金利の18,0%と考えておきましょう。また、多くの金額を借入した場合や、キャッシングの利用状況によって金利は少しずつ少なくなっていきます。

 

簡単な利息の計算

利息の計算方法は、簡単に覚えられるので、計算方法を覚えておきましょう。

 

利息の計算式は
借入残高×利用利率÷365日×利用日数=利息
となります。

 

たとえば、10万円を利率17,8%で30日間借りた場合、
10万円×17,8%÷365日×30日=1,470円が最初の1か月間の利息になります。

 

毎月返済額の中から初回は1,470円の金利を支払い、残ったお金が元金返済に充当されます。
翌月の借入残高は、借入額から元金返済に充当した金額を差し引いた金額になり、上記の利息計算をします。

 

これを繰り返すことで、元金の残高が少しずつ減っていき、最後に完済になります。

 

ただ、毎月返済額だけの返済では返済期間が長くなり、利息を含めた総返済額が多くなるので、お金に余裕が出来た時は繰り上げ返済を考えましょう。繰り上げ返済は返済期間が短くなり、総返済額を少なく抑えることが出来ます。