お金を借りる 主婦

主婦がお金を借りたい時はどこがよい?おすすめは?

消費者金融の貸金業法の改正以降は、それまで一番利用が多いと言われている主婦のキャッシングは、かなり制限されるようになりました。

 

貸金業法の法改正で何が変わった?

2010年貸金業法の総量規制が施行されるようになりました。
この法律は基本的に消費者金融が融資をする時は、年収の3分の1までと制限されるようになりました。

 

パートをしている兼業主婦の場合はパート収入が認められるので、これまで通り申込が出来ますが、無収入の専業主婦の借入は厳しくなっています。

 

専業主婦が消費者金融でキャッシングを始める場合は、「配偶者貸付制度」を取り入れている消費者金融ならキャッシングは可能です。

 

この「配偶者貸付制度」は、専業主婦の個人名で申込みはできない事や、配偶者の同意を得なければならないことが条件になっています。

 

この制度が用意されている消費者金融なら、専業主婦でも融資は受けられますが、審査や調査に時間がかかるため、採算がとれないことからほとんどの業者は中止、もしくは廃止にしています。

 

また、専業主婦に借付をしている消費者金融もありますが、ほとんどが本人にも収入があることが条件になっていますので、実際のところ無収入の専業主婦が消費者金融でキャッシングすることは不可能になっています。

 

専業主婦のキャッシングは唯一銀行カードローンだけ

銀行カードローンは銀行法が適用されるので、貸金業法は該当しません。

そのため、銀行カードローンの審査さえ通れば、本人の収入に関係なくお金が借りられます。

 

一般的に銀行カードローンでも本人に収入があることが条件ですが、なかには配偶者に安定した収入があれば、無収入の専業主婦でも申込める銀行カードローンがあります。

 

たとえば、みずほ銀行カードローンは限度額30万円まで、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は限度額30万円まで、イオン銀行カードローンは限度額50万円までなら、本人に収入がなくてもお金を借りることができます。

 

これらの商品は収入証明書類の提出が不要で、本人名義で申込ができ、配偶者の同意もいりません。

 

これらのカードローンが利用できれば、安心で低金利のキャッシングが始められるので、専業主婦でも心配いりません。