キャッシングの申込

キャッシングの申込に必要なものは

たとえば銀行で不動産購入のお金を借りたい時、多くの書類を用意し、審査を受けるので、書類の内容確認などで審査が通るまでにかなりの時間がかかります。

 

しかし、キャッシングの申込は簡単で、必要書類と言っても普段、携行している書類があれば審査が受けられるので、その日に申込をしてお金を借りるという事も可能です。

 

最低限必要になる書類とは

キャッシングの申込で必要な書類は、基本的に本人確認書類があれば申込が可能です。本人確認書類とは、申込者が本人であることを証明するための書類のことです。

 

運転免許証や健康保険証、パスポートなどが本人確認書類になるので、普段携帯している書類だけで申込ができます。

 

基本的にはそれ以外の書類は不要なので、改めて取り寄せなければならない書類はありません。ただ、引越しなどをして申込書に記入した現住所と本人確認書類に記載されている住所が違う場合があります。

 

その時は本人確認書類のほかに、納税証明書、公共料金の領収証(電気、都市ガス、水道、固定電話、NHKなど)社会保険料の領収証や請求書の写しを用意しなければなりません。

 

収入証明書類が必要になる場合

消費者金融は貸金業法の総量規制で、融資限度額は年収の3分の1以内という制限があるので、借入希望額が50万円を超える申込や、すでに他社で借入が有る時、その借入残高と借入希望額の合計が100万円を超える申込は収入証明書類が別途必要になります。

 

収入証明書類として、直近1〜2カ月分の連続した給与明細や源泉徴収票、所得証明書などの年収がわかる書類の提出を用意しなければなりません。

 

銀行のカードローンは年収による制限はありません。
銀行によって収入証明書類が必要になる借入希望額が違うので、事前に調べる必要があります。

 

銀行によっては100万円、200万円、300万円まで不要という銀行もあるので、収入証明書類が不要で借りたい時は、銀行カードローンがおすすめです。

 

その他の書類が必要になる申込

一般的なキャッシングは、本人確認書類と借入希望額によって収入証明書類の提出で審査が受けられます。

 

ただし、個人事業主の方が「事業者ローン」などを申込む時は、納税証明書や住民税決定通知書、印鑑証明書などが必要になります。申込先によって提出書類が違うので有るので、事前に問合せをして用意しておきましょう。